WordPress Popular Postsの使い方

人気の記事をどこにでもランキング表示できるプラグイン – WordPress Popular Postsの使い方

WordPress Popular Posts

Pocket

WordPress Popular Postsとは

WordPress Popular Postsは、サイドバーやフッターにウィジェットでサイト内の記事を人気順にランキング表示できるプラグインです。
一日の平均閲覧数、累積閲覧数、コメント数などを基に、サイト内の記事を人気順にランキング表示できます。記事のサムネイル画像や表示スタイルを細かく指定して表示することもできます。人気のある記事へ誘導し、記事の閲覧数を増やす効果があります。

WordPress Popular Postsは、好きなところやサイドバーやフッターにウィジェットで、サイト内の記事を人気順にランキング表示できるプラグインです。一日の平均閲覧数、累積閲覧数、コメント数などのアクセス数を自動集計して、サイト内の記事を人気順にランキング表示できます。記事のサムネイル画像や表示スタイルを細かく指定して表示することも可能です。
一日の平均閲覧数、累積閲覧数、コメント数などのアクセス数を自動集計して、サイト内の記事を人気順にランキング表示できます。記事のサムネイル画像や表示スタイルを細かく指定して表示することも可能です。
ウィジェットでサイドバー内へ簡単に設置できるのはもちろんですが、ショートコードやテンプレートタグを使うことで投稿記事、固定ページの中で一覧表示することができます。

人気のある記事へ誘導し、記事の閲覧数を増やす効果があります。

WordPress Popular Posts をインストール

プラグインのインストール画面に移動

プラグインのインストール画面に移動

WordPressの管理画面・ダッシュボードを表示します。左側のメニューの一覧から プラグイン > 新規追加 を選びプラグインのインストール画面に移動します。

WordPress Popular Posts を検索する

WordPress Popular Posts を検索する

プラグインのインストール画面に移動したら、検索窓に「WordPress Popular Posts」と入力し プラグインの検索 をクリックします。WordPress プラグインディレクトリ からプラグイン「WordPress Popular Posts」を自動的にインストールできます。

WordPress Popular Postsのインストール

WordPress Popular Postsのインストール

プラグインのインストール画面で検索結果が表示されます。検索結果の一覧の中から「WordPress Popular Posts」を探し、 いますぐインストール をクリックします。現在の最新バージョンは WordPress Popular Posts バージョン 3.3.3 です。

プラグイン:WordPress Popular Postsの有効化

プラグイン:WordPress Popular Postsの有効化
プラグイン WordPress Popular Posts のインストールが完了しました。インストール完了時に表示された画面の プラグインを有効化 をクリックし、プラグイン:WordPress Popular Posts を有効にします。

プラグイン:WordPress Popular Posts が有効化

プラグイン:WordPress Popular Posts が有効化されました。有効化をクリックするとプラグイン:WordPress Popular Posts が有効化され、「インストール済みプラグイン」の画面が表示されます。プラグイン:WordPress Popular Posts が有効化された状態で表示されています。

WordPress Popular Posts の基本設定

WordPress Popular Posts の設定画面へ移動

WordPress Popular Posts の設定画面へ移動

WordPressの管理画面・ダッシュボードを表示します。左側のメニューの一覧から 設定 > WordPress Popular Posts を選び WordPress Popular Posts の設定画面に移動します。

WordPress Popular Posts の設定画面 – 統計 –

WordPress Popular Posts の設定画面 - 統計 -

WordPress Popular Posts の設定画面はほぼ日本語化されています。WordPress Popular Posts は初期値なままでも利用できますが、必要に応じてカスタマイズしましょう。

投稿記事のランキング方法

WordPress Popular Posts で投稿記事や固定ページのランキングを表示する際、並び順を指定します。

  • コメント数でランキング
  • 閲覧数でランキング
  • 1日の平均閲覧数でランキング

以上の3通りから選べます。

投稿タイプ

ランキング表示する投稿タイプをタブ区切り形式で複数指定できます。

表示する数

一覧表示したい記事の数を指定します。

設定後 適用 ボタンをクリックしましょう。

ランキングの統計表示

タブをクリックすると 24時間 1週間 1か月 WordPress Popular Postsを設置してから今日までの 累積 を指定して、最も人気のあるコンテンツを表示し確認できます。あくまで確認用でサイト上の表示スタイルには影響しません。

WordPress Popular Posts の設定画面 – ツール –

WordPress Popular Posts の設定画面 - ツール -
WordPress Popular Postsをカスタマイズできるオプションの設定をします。

Popular Posts links behavior

ランキングされた記事をクリックした際にクリックされた記事の表示場所を指定します。
Open links in:

  • Current window:現在のウィンドウに表示します。
  • New tab/window:新しいタブやウィンドウに表示します。

変更したら 適用 ボタンを押します。

閲覧数を記録するやり方

ランキングのためにカウントする対象者を限定します。
次のものから閲覧数を記録します。:

  • 訪問者のみ:編集者・オーナーを除いた閲覧者のみカウントします。
  • ログイン・ユーザも含める:編集者・オーナーを含めすべての閲覧者をカウントします。

変更したら 適用 ボタンを押します。

サムネールの場所

デフォルトのサムネール:
指定したサムネールがない場合に表示する画像を指定します。ムネールをアップロードする: をクリックするとライブラリから指定するか、新規でアップロードが可能です。
画像をアップロードまたは選択し、サイズをフルサイズに設定して、アップロードをクリックしてください。終了したら、変更を保存をクリックします。
次から画像を選ぶ:

  • アイキャッチ画像:記事のアイキャッチ画像を利用します。
  • 投稿に最初に現れる画像:投稿記事内で最初に現れる画像を利用します。
  • カスタム・フィールド:カスタムフィールド内の画像を利用します。

ここからサムネール画像を取得するようにします。

変更したら 適用 ボタンを押します。

WordPress Popular Posts の設定画面 - ツール -

WordPress Popular Postsのスタイルシート

人気の投稿リストのスタイルを指定するのに、wpp.cssという名前のスタイルシートがデフォルトで含まれています。自分のスタイルシートを使ったり、このスタイルシートがヘッダ・セクションで読み込まれるのがいやな場合は、これを使ってください。
テーマのスタイルシート(style.css など)でWordPress Popular Posts のスタイルを指定する場合は 無効 にして 適用 ボタンを押します。

データを扱う道具

Ajaxを使うウィジェット:
WP Super Cacheのようなキャッシュ系プラグインを使っている場合、この機能を 有効 にすると、人気投稿リストがキャッシュされるのを防ぐことができます。 無効 のままキャッシュされていると閲覧数が増えない可能性があります。

WordPress Popular Posts の使い方 – ウィジェット編 –

ウィジェットにランキングを表示する

ウィジェットにランキングを表示する

利用できるウィジェットの中から WordPress Popular Posts を表示したいサイドバーへドラッグ&ドロップします。

WordPress Popular Posts の詳細設定

WordPress Popular Posts の詳細設定

WordPress Popular Posts を表示したいサイドバーへドラッグ&ドロップすると詳細を設定するための画面が開きます。

タイトル

ここに入力した文字列が人気の投稿リストの見出しとして表示されます。空欄にするとウィジェットの見出しは表示されません。

表示する数

人気の投稿リストとして表示する投稿記事の数を指定します。

時間間隔

ここで指定された期間の中で最も閲覧数の多い投稿、または最もコメントの多い投稿を多い順に表示します。指定できる期間は 24時間 1週間 1か月 、および WordPress Popular Postsを設置してから今日までの 累積 となります。

並べ替え順

記事をどのような順番でリスト表示するかを指定します。
コメント
コメントの多い順
累積閲覧数
累積閲覧数の多い順
1日の平均閲覧数
1日の平均閲覧数の多い順

投稿設定

投稿設定

タイトルを短縮する をチェックすると タイトルを短縮の仕方 が表示されます増すので、文字数または単語数で指定します。

抜粋を表示する をチェックすると 抜粋の長さ が表示されます増すので、文字数または単語数で指定します。
フォーマットとリンクを保持する をチェックすると抜粋に含まれるスタイルタグ(boldやitalicなど)がそのまま使われます。ハイパーリンクもそのままになります。

フィルタ

フィルタ

投稿タイプ: には、どの投稿タイプが表示されるかを指定します。デフォルトでは、投稿と固定ページが表示されます。
表示しない投稿ID: には、表示させたくない投稿記事のIDを入力します。
カテゴリID: には、どのカテゴリをリストに表示するかを指定します。カテゴリIDの前にマイナスの符号をつけると、リストに表示されなくなります。カンマで区切れば複数のIDを指定することができます。
投稿者ID: には、どの投稿者によって投稿された記事をリストに表示するかを指定します。投稿者IDの前にマイナスの符号をつけると、リストに表示されなくなります。カンマで区切れば複数のIDを指定することができます。

サムネール設定

サムネール設定

投稿サムネールを表示する をチェックすると、幅と高さを入力する欄が表示されます。縦横のピクセル数を入力します。

統計タグ設定 には、リストに表示する項目を指定します。

HTMLマークアップの設定

HTMLマークアップの設定

これをチェックすると、リスト表示のHTMLマークアップを変更することができます。
投稿用HTMLマークアップ: 例

<li>{thumb} <b>{title}</b> <br />{excerpt}</li>

WordPress Popular Posts の使い方 – テンプレートタグ編 –

任意の場所に表示する

ウィジェットを利用したサイドバー以外でも テンプレートタグ を使うことで、任意の投稿、固定ページやテンプレートの中で記事を一覧表示することができます。

テンプレートタグ: 例

<?php
wpp_get_mostpopular(
"header='人気の投稿'
&stats_comments=0
&limit=10
&post_type=post");
?>

投稿記事内で使うショートコード: 例

[wpp header="人気の投稿" header_start="<h4>" header_end="</h4>" limit=10 range="all" order_by="views" pages=0 wpp_start="<ol>" wpp_end="</ol>" post_start="<li>" post_end="</li>" stats_comments=0]

ショートコードによる表示例