PHP Code for posts

投稿記事や固定ページでPHPを使う

PHP Code for posts

Pocket

PHP Code for postsとは

PHP Code for postsは、投稿記事や固定ページの記事に記事に直接 PHPコード を記入できるプラグインです。
また、ショートコードも作成できるので事前に登録したコードをショートコードで記事に挿入することも可能です。

PHP Code for posts をインストール

プラグインのインストール画面に移動

プラグインのインストール画面に移動

WordPressの管理画面・ダッシュボードを表示します。左側のメニューの一覧から プラグイン > 新規追加 を選びプラグインのインストール画面に移動します。

PHP Code for posts を検索する

PHP Code for posts を検索する

プラグインのインストール画面に移動したら、検索窓に「PHP Code for posts」と入力し プラグインの検索 をクリックします。WordPress プラグインディレクトリ からプラグイン「PHP Code for posts」を自動的にインストールできます。

PHP Code for postsのインストール

PHP Code for postsのインストール

プラグインのインストール画面で検索結果が表示されます。検索結果の一覧の中から「PHP Code for posts」を探し、 いますぐインストール をクリックします。

プラグイン:PHP Code for postsの有効化

プラグイン:PHP Code for postsの有効化

プラグイン PHP Code for posts のインストールが完了しました。インストール完了時に表示された画面の プラグインを有効化 をクリックし、プラグイン:PHP Code for posts を有効にします。


プラグイン:PHP Code for posts が有効化されました

プラグイン:PHP Code for posts が有効化されました。有効化をクリックするとプラグイン:PHP Code for posts が有効化され、「インストール済みプラグイン」の画面が表示されます。プラグイン:PHP Code for posts が有効化された状態で表示されています。

これで投稿の編集画面のテキスト入力欄に直接 PHPコード を記入できます。