Twenty Fourteen - Child05

おすすめコンテンツ・Featured Content の記事をリストに含める方法

Twenty Fourteen - Child05

Pocket

おすすめコンテンツをリストに含める方法

「Twenty Fourteen」のトップページでは投稿記事をおすすめコンテンツとして、グリッドまたはスライダー表示が可能です。しかし、おすすめコンテンツとして扱われた記事はトップページでは投稿記事としてリスト表示されなくなります。おすすめコンテンツ(Feautured Content)に指定しても一覧表示されるようにカスタマイズします。

子テーマ用の featured-content.php を用意する

FTP クライアントソフトなどでサーバにアクセスし wp-content > theme > twentyfourteen > inc > featured-content.php をダウンロードして wp-content > theme > 子テーマのフォルダ > inc > featured-content.php としてアップロードします。
これで、親テーマ「Twenty Fourteen」の featured-content.php に優先して、子テーマの featured-content.php が有効になります。

子テーマの featured-content.php を編集する

おすすめ記事に指定しした記事をリストにも表示するためには、子テーマの featured-content.php を修正します。269行目にある行を下記のようにコメントアウトします。

親テーマからコピーした featured-content.php

		// We need to respect post ids already in the blacklist.
		$post__not_in = $query->get( 'post__not_in' );

		if ( ! empty( $post__not_in ) ) {
			$featured = array_merge( (array) $post__not_in, $featured );
			$featured = array_unique( $featured );
		}

		$query->set( 'post__not_in', $featured );
	}

featured-content.php の修正例

		// We need to respect post ids already in the blacklist.
		$post__not_in = $query->get( 'post__not_in' );

		if ( ! empty( $post__not_in ) ) {
			$featured = array_merge( (array) $post__not_in, $featured );
			$featured = array_unique( $featured );
		}

	//	$query->set( 'post__not_in', $featured );
	}

子テーマ用の functions.php を用意する

wp-content > theme > 子テーマのフォルダ > functions.php を空白で新規作成します。
子テーマ用の functions.php に設定を記載すると、先に読み込まれ、続いて親テーマ「Twenty Fourteen」の functions.php 読み込まれます。

子テーマ用の functions.php を編集する

空白の子テーマ用の functions.php に以下のコードを新規で記入してください。

<?php

// Featured Contentsの記事もリストに含める

require( get_stylesheet_directory() . '/inc/featured-content.php' );

以上の設定で、子テーマの featured-content.php が読み込まれリスト表示されるようになります。